新DIGA

2017/11/12

パナソニックは、Blu-ray Discレコーダ「ブルーレイDIGA」の新モデル4製品を2月15日より発売する。デジタルダブルチューナモデルはHDD 1TBの「DMR-BW880」、750GBの「DMR-BW780」、500GBの「DMR-BW680」の3製品、シングルチューナモデルはHDD 500GBの「DMR-BR580」の1製品を用意する。価格はオープンプライス。

先日発表のあった東芝ブルーレイと同等の価格だが、機能的には2〜3年分くらいの差をつけている。東芝機はすぐに投げ売りになるのでは?

下位モデルと上位モデルの格差が少なく(HDD容量くらい)、DMR-BW680がお買い得機と言える。もともとデジタル機は同じ主要パーツを使っている限り画質・音質で差をつけるのが難しいし(HDMIでつないでしまえばほとんど違いはないだろう)。圧縮効率が上がった分500GのDMR-BW680で十分かな。

AVC録画の圧縮率の向上はとどまるところを知らない。現状まだフルHDを維持しているようだけど、解像度を1280X720くらいに下げてもいいのならまだもうちょっといけるんじゃないか?