キラプリ18話

2018/01/06

6月は線画までしか完成しませんでした。さすがに線画では公開には耐えられないと思い、断念せざるを得ない状況になりました。気を取り直して18話です。

 

冒頭、やはり完全に正体がバレてしまっているためか、ジュリオは黒樹としても姿を現さなくなったようです。いちかだけは知らないですが。

一方のジュリオは前回の予告に出たビブリーにネチネチ責められています。これだけでも相当性格悪い奴です。ノワールという黒幕がいるらしいですね。前回の戦いでロッドを破壊されたジュリオではまともに戦えないため、今後はビブリーが出るようです。しかし…

 

 

なぜ電話ボックス

 

 

お前はスッパマン*1にでもなる気か!?

 

5人はジュリオのことを考えています。今までの行動にどんな意味があったのかを考えています。しかし、連日客のこない日が続くキラパティ。5人は割と楽観視しています。

しかし、何日も続くとさすがに心配になってきます。そんな中、JKモブ達があきらに何かを伝えようとしています。そしてあきらも、モブ達に聞いた噂をいちか達に伝えようとしていますが…

 

 

なぜ糸電話!?

 

 

直接言えよ!

どうやら、誰かがキラパティの悪い噂を流しているようです。内容は根拠など何もない無茶苦茶なものですが、なぜか信じてしまっているようです。この状況でもいちかは楽観視していますが。

噂を流していた犯人はビブリー。どうやら、ビブリーには暗示をかける能力と、それを拡散する能力があるようで、それらの能力でキラパティを潰そうと企んでいます。今までのシリーズにもあまりいなかったタイプの卑劣な敵です。

あまりにも客が来ないキラパティ。さすがのいちかも焦りが見えているようです。

 

そんな中で夜テレビを見ているいちか。そこでは天才パティシエと報道されている一人の少女がいます。名前は綺羅星シエル。13歳でパリで活躍しているとか。もしかして、この子が6人目になったりするんでしょうか?

 

状況が好転しない中で高校生組はいろいろとやっているようです。あきらはキラパティのチラシを配っているようですが…

 

 

こいつらは何をやっている

 

 

ゆかり親衛隊に属するモブ達はゆかり指示のもと何やら暗躍。こいつら怪しすぎる。

ひまりとあおいもそれぞれ何かしている模様。揃いも揃って折れないね。

新作スイーツを作り宣伝を開始しますが、噂を信じてしまっている人達は避けていってしまいます。そんな中に一人男の子が足を止めています。その男の子に食べてもらい、噂なんて関係ないという言葉をもらいます。男の子がおいしそうに食べているのを見て、避けていた人たちも目を覚ました様子。

そして、何かを仕掛けようとしていたビブリーをゆかりが確保します。モブ達が集めた情報をもとに犯人を特定、ビブリーを捕まえたのです。あいつらそんな有能だったのか。

しかし、ビブリーは反省するどころか開き直り、新作スイーツを食べていた男の子からキラキラルを抜き取り、新作スイーツ本体からもキラキラルを抜き取ってモノクロにしてしまいます。そして、ビブリーの口からジュリオの名前が出ます。そして、抜き取ったキラキラルを闇に染め、手に持っていた人形に注入、人形を巨大化させて戦わせようとしています。基本的にビブリーが戦うのではなく、人形に戦わせるスタイルなのでしょう。

 

さあ、変身です。

ホイップ、カスタード、ジェラートで人形の相手をしています。人形は早速ホイップの動きを封じています。それに対してカスタードとジェラートは人形の足を止めています。

一方のマカロンとショコラはビブリーに対して直接攻撃しています。身のこなしは素早いようです。距離を取ると、ビブリーは人を小馬鹿にするような態度を取っています。徹底的に嫌な奴です。そんなビブリーの卑劣なやり方に5人も怒りMAX。人形に向かって必殺技を叩き込みます。ビブリーはすぐさまに逃げていきます。

 

最後に…え、もう来ちゃうの?

 

次回シエル来日。いちかのジャンピングDOGEZA*2が炸裂!いやいや、ジャンピングDOGEZAって…

*1:Dr.スランプアラレちゃんに出てくるヒーローもどき。電話ボックス内で着替える

*2:それこそDr.ワイリーのような