ホアヒン旅行でのバンコクのホテルはセントレジスです。
実は場所を考えシェラトンにするつもりでしたが、安いレートが無く空いている部屋がセントレジスの方が安かったのでこちらに決めました。

シェラトン・ホアヒン・プランブリ・ヴィラからは前日に予約したタクシーで移動しました。
タクシーと言ってもよくあるあの色鮮やかなやつとは違います。
むしろリムジンといったところでしょうか、車種もカムリでした。
プランブリ・ヴィラの場所を考えるとバンコクまでの移動はこれしか無い様に思います。
値段は2,500Bでした。空港からプランブリ・ヴィラまで5,000B以上したことを思うとリーズナブルですね。

時間は昼間は道が混んでいることもあり3時間半以上かかりました。
夕方5時過ぎにホテル到着です。入口で大きな花が出迎えてくれました。



チェックインして部屋へ向かいます。重厚な作りです。
築年数が浅いだけあってまだまだ本当に綺麗です。



部屋へ入るとまずはこんな感じです。奥がベッドで右が水回りですね。



まずはベッドから



窓側から部屋を見るとこんなんです。新しく綺麗で落ち着いた雰囲気です。



ソファーや書斎机回りです。



続いて水回り



バスタブも深くてリラックス出来ました。



もちろん独立のシャワーブースもあります。



しかしバンコクのSPG系のホテル全般に言えることですが、シャワーブースの床がどこも水垢で汚れているのが気になりますね。
ここもそうでした。掃除が追い付かないのでしょうか。湿度の高い国というのを言い訳にはしてほしく無いと思います。
ましてや5スター、レビューすることにしました。
トイレも完全に独立、しかし残念ここでもシャワートイレは無し。



洗面シンクは2つ



アメニティ類



続いてロッカーと冷蔵庫にミニバー



ボトルウオーターには専用のラベルが



景色はいいですね、競馬場側でした。これはGOLDメンバーだから?



ウエルカムフルーツは最小限といったところでしょうか?



さてセントレジスの特徴にパトラーサービスというのがあります。
専任のパトラーがゲストをサポートすることになる(そういった意味からもクラブラウンジはありません)ということでこんなレターも置かれていました。



と・こ・ろ・が部屋まではフロントのマネージャーが案内してくれ後からパドラーにコーヒーを用意させると言ったものの、待てども待てども来ません。トリップアドバイザーの口コミ通りです。最後までパドラーと会うことはありませんでした。
またここのスタッフはここで働く事を誇りに思っているのか、接し方がとても事務的です。
もちろん確実に用は済むのはさすがですが、ややアットホームさに欠ける印象でした。
まあそういうホテルでは無いのかも知れませんが・・・

そんなホテルですがいいところもあります。
BTSラチャダムリという駅から専用通路でホテル2階へ直結です。



このあたりはホテル以外ではレストランが少ないけれども、これのおかげで気軽に隣のサラディンやサイアムへ出掛けられるので便利ですね。